借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

ライフティの月々返済額まとめ!【返済例あり】

tsukiduki

消費者金融のライフティの月々の返済額はいったいどんなふうになっているのでしょうか?

ライフティの返済方式について

ライフティの返済方式は「借入後残高スライド元利均等リボルビング返済方式」
というものです。
少々ややこしい言葉ですが、わかりやすく言えば
「そのときの借入額によって返済額が変動していく形」ということです。

では「そのときの借入額によって返済額が変動していく」とはどういうことなのでしょうか?

借入後残高スライド元利均等リボルビング返済方式とは?

「残高スライド」というのは前述の通り、返済や追加融資による
借入残高の変動に応じて返済額が変化するというものです。

具体的には借り入れしている金額によって返済しなければいけない最低金額が設定されて、
それに応じた返済が月々必要になってくるということです。

さらに言えば追加融資によって借入金額が増えれば当然返済額も増えることになりますし、逆に返済が進み借入金額が減ってくれば月々に返済する金額も減ってきます。

これがライフティの返済額の基本的な考え方になります。

具体的な月々の返済額は?

では、月々の具体的な返済額はいったいいくらなのでしょうか?
ライフティの場合、以下の形で最低返済額が決められています。

たとえば5万円の借り入れをした場合は、ライフティへの月々の最低返済額が5000円になり、
10万円の借り入れをした場合も同様に5000円という形の返済額になります。
そして20万円の借り入れの場合は返済額が9000円にアップし、
30万円の場合は13000円にアップする……といった具合です。

では、それを踏まえて借入後残高スライド元利均等リボルビング返済方式で例をあげて説明します。

ライフティへの月々の返済額についての例

たとえば最初、ライフティから20万円の融資を受けたとします。
そうすると月々の最低返済額は9000円になります。
この9000円の返済を何度かくり返し、その結果、借入額が10万円を切ったとします。
すると次の月からは最低返済額が5000円になります。

つまり、借入額が10万円を切った時点で最低返済額が
9000円から5000円にスライドしたということです。
これがライフティが採用している借入後残高スライド元利均等リボルビング返済方式というわけです。

もちろん、この返済方式は最低金額だけが設定されているだけなので、
余裕のある月は多目に返済してもOK。

借入をした人が返済スピードをアップさせることも可能です。

この借入後残高スライド元利均等リボルビング返済方式は大手消費者金融では
当たり前のように使われているものですが、中小企業ではわりと珍しいものだと言えます。
必ずしもすべての業者がこの方式を採用しているわけではないので、
ライフティは中小の消費者金融でありながら非常に返済がしやすいと言えるでしょう。

さらに詳細な当サイトレビュー記事はこちら!
→ライフティの口コミとデメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ