借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

プロミスへ申し込みは待て!【限度額・返済日まとめ】

gendo

はじめに

プロミスで融資を受ける際の限度額はいくらなのでしょうか?
また、返済日はいつなのでしょうか?
説明していきます。

プロミスでの融資の限度額

プロミスの公式ページなどを見ると、
融資の限度額は500万円までと記載されているのがわかると思います。

しかし、この500万円を誰もが借りられるかというと、そうではありません。
ほとんどの人が500万円という高額の融資を受けることは不可能です。
ではいったい、通常ならばどれくらいの金額の融資を受けられるのでしょうか?

プロミスでの実際の融資額について

このあたりは口コミや体験談などを見てもわかるように、ほとんどの場合、
50万円までという場合はほとんどです。

これは初回の借り入れ時に設けられる限度額のリミットで、
それ以上の金額の融資を受けたい場合は、長い年数をかけプロミスとの
信頼関係を築いていくということが必要になってきます。

では、50万円までならば誰でも最初の契約から借りられるのでしょうか?

こたえはNOです。
これもまた、そういうわけにはいきません。

プロミスには、もうひとつ忘れてはならない融資の際の絶対的なルールがあります。
そのルールとは他の消費者金融会社同様の「総量規制」が設けられているということです。

この総量規制というのは、簡単に説明すると「年収の3分の1までしか融資を受けられない」
という融資のルールです。
つまり50万円を借りる場合には150万円以上の年収が必要であり、
限度額いっぱいである500万円の融資を受けたい場合は、年収が1500万円以上なければいけないということです。

≫総量規制についてさらに詳細なまとめ記事はこちら

プロミスの返済日について

次にプロミスで融資を受けた際の返済日についての説明です。

返済期日は借り入れを受けた日によって5日、15日、25日、末日というように5つにわけられます。
といっても選択ができるうえ、途中で返済期日の変更をおこなうことも可能ですので、そのあたりはフレキシブルに対応してもらえます。

まとめ

プロミスの融資ではほとんどの人の場合、限度額は50万円になります。
さらにそのなかでも総量規制というルールが設けられていますので
年収の3分の1以上の融資は受けられません。
返済日は、5日、15日、25日、末日の5つから選ぶことができます。

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ