借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

パーソナルクレジットセントラルの月々返済額は?【返済方法まとめ】

hensai

パーソナルクレジット セントラルの月々の返済について

パーソナルクレジット セントラルは松山で41年の歴史を持つ老舗の消費者金融会社です。
そんなパーソナルクレジットセントラルの月々の返済方法には3種類があります。
その3種類とは以下のもの。

  • 残高スライドリボルビング
  • 元利金等返済
  • 元金均等返済

これらのなかから自分に合った月々の返済方法を選べるというのは大変便利だと言えます。
では、それぞれの返済方法の特徴を見ていきましょう。

残高スライドリボルビングについて

残高スライドリボルビングという月々の返済方法は、
ひとことで言えば「そのときの借入総額によって月々の返済額の最低金額が変わってくる」
という返済方法です。

たとえばパーソナルクレジットセントラルから20万円の融資を受けたとします。
このとき月々の返済額の最低金額は8000円です。
毎月必ず8000円以上の金額を返済していかなければいけません。

しかし、この融資に対する返済が進み、借入額が10万円を切ったとします。

すると月々の返済額の最低金額が安くなり4000円で済むようになります。
つまり、今までは最低でも8000円ずつ返済しなければいけなかったのが、
借入総額が10万円以下になったことにより、一段階返済最低額がスライドされたということになります。
その結果が月々4000円の最低返済額ということです。

元利金等返済について

次に元利金等返済についてですが、
これは住宅ローンや奨学金などでよく利用されている返済方法です。

具体的には元利と利息の合計が、返済開始から完済までずっとおなじ額であるという返済方法です。
この返済方法は常に変わらず一定額を返済していくので完済までの期間の計算が
しやすくわかりやすいというのがメリットです。

しかし、完済まで長い期間を要してしまうため、
利子を含めた返済の総額が多くなってしまうというデメリットもあります。

元金均等返済について

そして元金均等返済ですが、こちらは元金を均等割りにした額と、
それにともなった利息の合計を月々計算して支払い続けるという返済方法です。

こちらは月々おなじ額を返済するのではなく、徐々に返済額が減っていくという形です。
これは元金が減っていくにしたがって利息が減るため1ヶ月目より2ヶ月目、2ヶ月目より3ヶ月目……といった具合に、どんどんと返済額が少なくなっていくのが特徴です。

そのためデメリットとしては一番始めが返済額が多いという点があげられます。
しかし、元利金等返済に比べ短い期間で完済ができるので総額は少なくてすむというメリットもあります。

まとめ

パーソナルクレジット セントラルの月々の返済方法は3種類あります。
それぞれメリット、デメリットがありますので、自分に合った返済方法を選ぶと良いでしょう。

さらに詳細なレビュー記事はこちら!
→パーソナルクレジット セントラルの口コミ・デメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ