借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングアローの審査基準まとめ【遅い?or早い?】

shinsa

キャッシングアローの審査は最短で45分で終わるということを売り文句にしています。
しかし、本当にそうなのでしょうか?
そんなに早く審査が終わり、希望の額を借り入れることができるのでしょうか?

審査について

キャッシングアローの審査はまずインターネットからの申し込み後、
電話でのヒヤリングがおこなわれ、さらに会社への在籍確認がおこなわれます。
つまり三段階の審査があるということです。
それがたった45分で本当にできるのか?

口コミについて

はっきりいって45分はほぼ不可能なようです。
口コミを統計的に見ると早くてもインターネット申し込みから3時間後に本人への
ヒヤリング審査の電話がかかってきているようです。

この時点で45分は大幅にすぎてしまっています。

そして、一点大切なことがあります。
このヒヤリングの電話がかかってこない場合もあるということです。
その場合は、どういうことなのでしょうか?

それはキャッシングアローの審査基準から外れてしまい審査を落ちてしまった人です。
つまり融資不可とされた方は第二段階である電話でのヒヤリングがおこなわれませんのでこの点には注意してください。

基準について

審査基準はまず年齢による制限、そして安定した収入が継続的にあるかどうかということを重視します。
そして健康保険に加入していることが条件になりますので、
加入していない場合は基準から外れてしまい融資を受けられません。

大手と比べるとじゃっかん通りやすい基準だと言えるでしょう。

審査までは遅い?

上記の口コミからも45分はほぼ不可能な数字というのが正直な感想です。
インターネットでの受け付けも24時間365日おこなっているというわりに、
スピーディーさは「超特急」というイメージではありません。
通常に早めに動いてくれているというのがキャッシングアローの審査の印象です。

ですので、どうしても当日中の振り込みを希望するのでしたら
最低でも朝一番に申し込みをしないと不可能です。

また、その場合も込み具合によって変動してしまいますので、午前中に申し込みしたにもかかわらず当日に融資を受けられなかったという場合もままありますので、その点も注意が必要です。

まとめ

キャッシングアローの審査基準は大手に比べてゆるいと言えます。
そして審査のスピードは決して遅いわけではありませんが、特別に速いということもないようです。

さまざまな口コミからの意見を総合すると「早めの審査をしてくれる消費者金融会社」といえるでしょう。

もっと詳しい記事はこちら!
→アロー(キャッシング)の口コミ・デメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ