借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングアロー自営業者の審査・年齢制限まとめ

jieinenrei

キャッシングアローで借り入れができない人について

キャッシングアローで借り入れができない人というのがいます。
それはまず年齢制限に引っかかってしまった人。

具体的には未成年者はキャッシングアローでの契約ができません。
また、同様に66歳以上の方もキャッシングアローでの借り入れ契約は不可能です。

ここまでが年齢によるキャッシングアローで借り入れができない人なのですが、
ほかにもキャッシングアローでは借り入れができない人というのがいます。
それは、自営業の人のなかの一部です。

この一部という表現が非常にあいまいですが、わかりやすくいえば
「自営業者で確定申告等の年収照明が提出できない人」
というのがキャッシングアローで借り入れを受けられない自営業の人のなかの一部ということになります。

借り入れを考えている人の年齢制限について

これは上記のように物理的にあきらめるしかありません。

未成年者の方は成人するまでキャッシングアローでの借り入れはできませんし、
66歳以上の方も残念ながら返済の見込みに不安があるため借り入れができません。
この年齢制限に引っかかってしまった人はおとなしく諦めるよりほかありません。

自営業者について

次に自営業者ですがこちらは「納税通知書」や「確定申告書」など年収をきちんと証明できる書類さえあれば審査を受けることができます。

収入証明は、住んでいる地域の市民税課の窓口で発行してくれますのでキャッシングアローで借り入れを考えている人は事前に発行してもらっておくと良いでしょう。
あるいは「自分は自営業をしているのだけれど、いったい審査にはどんな書類が必要なのか?」ということを直接キャッシングアローに電話してたずねてみるのもひとつの手です。

その電話によって審査に影響がでるわけではありませんし、それでも不安ならば名乗らずに質問だけして電話を切ってしまっても問題ありません。
もっともキャッシングアローの申し込みは24時間365日インターネットで受け付けているので、電話で質問をしたから気まずくなってしまったなどというような事態に陥ることもありませんが。

なににせよ、わからない部分は質問をするに限ります。
口コミではかなり親切、丁寧に教えてくれるそうなので自営業の方で借り入れを考えている方は「なにが必要なのだろう」と悩む前に、まず質問の電話をすることが一番確実でスムーズだと言えます。

まとめ

以上のことから、キャッシングアローでは年齢制限に引っかかってしまう場合は
あきらめなければいけませんが、自営業者で借り入れできるか不安な場合は
「納税通知書」「確定申告書」を事前に用意したうえで、
ほかにどんなものを用意すれば良いのかということをたずねてみると良いでしょう。

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ