借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングアロー在籍確認後から否決までの流れ全まとめ!

zai

<キャッシングアローの在籍確認後の流れについて>

キャッシングアローは在籍確認後に否決されるということはまずありません。
この話は口コミからですが、キャッシングアローの場合、書類を送付する段階でもう借り入れは可決されているそうです。

ただし、この場合、一点だけ注意があります。
書類の内容と申告した内容が違うという場合はこの限りではないようです。

もっとも当然と言えば当然のことなのでしょう。
お金を貸したり借りたりするということは信用の貸し借りでもありますので、こういった部分で虚偽の申告をしてしまう人間には貸し出しをすることが不可能であると考えるのは至極当然のことだろうと思います。

<キャッシングアローの可決、否決振り分けについて>

ちなみに、キャッシングアローでは審査の段階が何段階にもわかれています。
具体的には、申し込みからすぐにおこなわれるのがキャッシングアローによる独自の審査。

その後に電話でのヒアリング審査がおこなわれ、そしてそれが終わると会社への在籍確認の連絡があります。ですのでこの時点(つまり在籍確認の連絡がきた時点)ではほぼ融資は決定していると思って間違いないようです。

もし否決ということでしたら一番初めの段階である「キャッシングアロー独自の審査」の段階で振り分けられてしまい、ヒアリングによる本人への連絡がそもそもこないというのが通常だそうです。

そして次に振り分けられるのはヒアリング時。

この時にはには身分証明書(免許証や保険証など)や給与明細などの年収確認用の書類をFAXで提示するよう求められます。ここでだす書類が完璧ならば、その後に否決されてしまうということはほぼないでしょう。

この場合の完璧というのは、きちんと安定した収入があるということや確定申告等年収証明がきちんとできるという点です。

ですので、この部分をクリアして在籍確認の段階まで進んだ場合、よほどのことがない限り否決はされないと思って間違いありません。在籍確認は最終的なもので、文字通り「確認」というだけのニュアンスのようです。

<まとめ>

以上のことから、単純な「確認」である在籍確認に問題がなければ、そのまま翌日融資が可能だということです。

ちなみに在籍確認時に本人が電話にでられない場合でも問題ありません。きちんと在籍の確認がとれればそれでOK。そのときの本人不在が否決の理由になるということはないので安心して大丈夫です。

もっと詳しい記事はこちら!
→アロー(キャッシング)の口コミ・デメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ