借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングアローはブラックリストの人にも審査が厳しいの?

black

<キャッシングアローの審査についての口コミ>

キャッシングアローの審査は一部では厳しいと言われているようですが、口コミを見る限りではまったくそんなことがないように感じられます。

たとえば、先日こんな口コミを目にしました。

ある方は大手消費者金融に申し込みをしたけれどすべて否決されてしまったようです。
その数なんと驚きの全5件。
申し込みブラックという扱いの人だったそうです。

しかし、その方はキャッシングアローに審査申し込みをしたところ、
なんとか可決され貸し出しがOKということになったそうです。

あるいは信じられないくらいに甘い審査で可決されたなんていう方もいるくらいなので一部の「キャッシングアローの審査は厳しい」というウワサはあまり気にしなくて大丈夫なような気がします。

さまざまな口コミを総合して考えると、キャッシングアローの審査は厳しいというほどではないなというのが率直な意見です。具体的には大手消費者金融よりも審査がじゃっかんゆるいというのがキャッシングアローの審査の立ち位置なのではないでしょうか。

しかしながらキャッシングアローのような中小の消費者金融は申し込んだ時期や審査をおこなう人などによって基準にばらつきがあるのも現状です。
そのため、たまたまタイミングや人が悪い場合は「厳しい」という印象になってしまうのではないでしょうか。

<ブラックの人というのは?>

次にブラックの人というのはそもそもどんな人をさすのでしょうか。
ブラック――よく聞く単語ですが、実際はただの俗語でそのような言葉は正式には存在しないものです。

具体的にどんなものなのかといいますと、まずカードローンやキャッシングでお金を借りると個人信用情報にさまざまなことが記載されます。たとえば「その人がいくら借りたのか」ということや契約日や貸出限度額など、考えれば思いつくような常識的な範囲の記録のようなものです。

ではそこから話を進めていきましょう。
まずあなたが借り入れをしているお金があるとします。

そのお金の返済が一定期間以上遅れてしまった場合や、個人が破産をしてしまった場合「この人は過去に返済が遅れたことがある」という文言や「自己破産をしたことがある」という文言が先ほどの個人信用情報に記載されます。

これが俗に言う「ブラックリストに載った」ということなのです。

したがって、こういったネガティヴな情報が書かれている個人信用情報を持つ人というのは消費者金融でお金を借りるときに不利になってしまうということです。こうした個人信用情報の過去のデータというのは大手金融業者のほうが重視する傾向にあるため、借り入れできないことがままあります。

しかしキャッシングアローのような中小の消費者金融は、たとえ過去にブラックになってしまった方でも現在きちんとした返済能力があるのならば貸し出しをおこなってくれるのが嬉しい点です。
もっともそのぶん審査は慎重になるので厳しいという声も一部ではでているようですが。

<まとめ>

キャッシングアローの審査は一部では厳しいという声もありますが、ブラックの人でも審査を受けることができ、また実際に借り入れができるという場合も多いので、大手消費者金融で否決されてしまった方もまずは審査に申し込んでみると良いでしょう。

もっと詳しい記事はこちら!
→アロー(キャッシング)の口コミ・デメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ