借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングアローの月々返済額(元利均等返済)まとめ!

hensai

キャッシングアローの月々の返済額について

キャッシングアローは元利均等返済という返済方式をとっている消費者金融です。
そのため月々の返済額が少額からOK。比較的誰でも利用しやすい消費者金融だと言えます。

さて、この元利均等返済というのは聞き慣れない言葉ですが中身としては単純です。
簡単に言うと「返済額がずっと一定である返済方法」のこと。これが元利均等返済です。

元利均等返済という返済方法には、返済計画が立てやすいという非常にわかりやすいメリットがあります。
ちなみに返済額というのは「元金(もともと借り入れたお金)+利息」のことです。

元利均等返済について

元利均等返済というものについてもう少し詳しく説明をします。
元利均等返済というのは、ずっと一定の金額で返済し続けるシステムです。

では、なぜこのようなことができるのか?
それは返済期間を長く(あるいは短く)設定することによって返済する金額を
変動させることができるからです。

そのため返済期間を長く設定すれば、少額からでも返済が可能になります。借り入れをした人はキャッシングアローとの相談により月々の返済額を決めることができ、自分にとっての返済可能な範囲にあわせた返済ができます。その結果、返済開始当初の返済額を少なくすることができるのです。

返済額が少額でOKということについて

返済額が少額でOKということを具体的にいえば以下のようになります。
まずキャッシングアローの場合、実質年率は18%ということなのでそれを踏まえたうえで現実的な最少の返済額が導きだします。

たとえば借り入れた金額が10万円の場合は最少額で月々3000円というところでしょう。また、倍の20万円の場合でも月々の返済額が5000円からでOKなので、そういったことも考えると非常に返しやすい消費者金融だと言えます。

通常、こういった消費者金融の場合、月々の返済額が多額というイメージがあるため二の足を踏んでしまう方も多いことと思います。しかし、このようにわかりやすい元利均等返済をおこなっているキャッシングアローのような業者の場合、借り入れも返済もしやすく、消費者金融への敷居がぐっと低くなります。

キャッシングアロー月々の返済額のデメリットについて

もっとも、そうはいってもメリットばかりではありません。
当然ですが元利均等返済には返済しやすいというメリットのほかにデメリットも存在します。
そのデメリットというのは、総返済額が元金均等返済よりも高額になってしまうということです。

元金均等返済というのは元利均等返済と対になって比較される言葉で、わかりやすくいえば「返済が進んでいくにつれて返済額(元金+利息)が少なくなっていく返済方法」です。

こちらは返済額が返済開始当初において元利均等返済よりも高くなってしまうため、最初の負担がとても大きく借り入れのハードルが高くなってしまう返済方法です。しかし元利均等返済よりも総返済額が少なくなるというメリットもあります。

まとめ

したがって、キャッシングアローの返済額というのは最初から最後まで少額で返済ができるけれども、トータルで見るとけっこうな総額を返済するという返済方法ということになります。これがキャッシングアローの月々の返済額についての基本的な考え方です。

以上のことから結論を言いますと、キャッシングアローは月々に少しずつしか返せないという人が利用するのにふさわしい金融業者と言えるのではないでしょうか。

ただしそのぶん総返済額は高額になってしまいますので、一長一短といったところも考慮にいれなければいけませんが……

もっと詳しい記事はこちら!
→アロー(キャッシング)の口コミ・デメリットまとめ!

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ