借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

指定信用情報機関とは?wiki情報を分かりやすく解説!

指定信用情報機関とは?という疑問をもって
当ページに訪れてくれたあなた!
指定信用情報機関は特に難しい制度ではありません。

wikiとか見てもわかりづらく専門用語ばっかりを
並べて書いてあったので分かりやすく以下解説します。

指定信用情報機関とは?

この制度と機関の意味は簡単に言うと

業者間が政府が指定する指定信用情報機関という機関に必ず加盟し、
私たちの年収やどこと契約しているか、返済滞納はないのか、
などの情報を共有することをいいます。

つまり、返済が苦しい人なら貸しちゃだめ!
それを分かりやすくするためにみんな指定信用情報機関に加盟してね!

と政府が決めちゃったということです。

消費者金融などで膨大な借金をする人を減らすための
救済措置的なものだと考えればOKです。

勝手に個人情報見られたりするの?

指定信用情報機関で情報を共有されているなら
個人情報が全部筒抜けじゃん!
と思われるかもしれませんが・・・

消費者金融が勝手に情報を見れるのではなく
私たちが申し込み時に同意したうえで初めて照会する事ができます。

申し込みなどをしていない業者は私たちの同意がないので
一切見ることができません。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 本人確認書類の記号番号
  • 貸付の残高
  • 支払遅延の有無
  • 総量規制の対象外の借入情報

などの照会が可能となっていますが
政府が指定している機関ですので個人情報保護の観点は問題ありません。

指定信用情報機関については上記の部分だけ理解していればOKです。
wikiとか見るとパニックになりそうなりますが
実はそこまで難しい制度ではありませんのでご安心下さい。

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ