借り入れ先を探す前にチェック!あなたの借金を0にする手続きが法律的にできなくなります。
↓ ↓ ↓
≫詳細はこちらをクリック≪

キャッシングとカードローンの違いとは?メリット・デメリットを解説!

キャッシングを検討した時に、
最近よく見かけるのがカードローン。

キャッシングもカードローンも実は同じ意味です。
現金を貸しますよ~、という事ですね。
なのに名称が違うんです。

そこでこの記事ではキャッシングとカードローンの
違いについてご説明します。

キャッシングとカードローンの違いは1つ!

銀行→カードローン
消費者金融→キャッシング

という簡単な理解でOKです。

最近は消費者金融がカードローンとして売り出しているところも
少数ながらありますが基本的にはカードローンは銀行です。
みずほ銀行カードローンとかは有名ですね。

消費者金融がキャッシングとして売り出していたので
銀行が同じ名称では胡散臭いということで
カードローンという名称で始めたサービスという見方が強いです。

ただし、銀行が行っているサービスという事もあり、
カードローンは消費者金融のキャッシングとは大きく違う
メリット、デメリットがあります。

カードローンのメリット

  • 金利が圧倒的に低い(3%~14%前後 消費者金融は18%)
  • 総量規制の対象にならない(年収で借入額の上限がない)

この2つは大きなメリットです。
大きな金額を低金利で借りられるというのはいいですね。

カードローンのデメリット

  • 消費者金融よりも審査が厳しい
  • 審査時間が消費者金融よりも長い
  • 返済について消費者金融よりもシビア

というデメリットはありますが、
長く利用するのであればカードローンの方がお得です。
今すぐ借りたい!という場合には適しませんが
一度、カードローンに申し込んでみる、というのはありです。

きちんとした計画利用をしていれば
銀行側から増額のお知らせなどもきますので
カードローンに銀行側が力を入れている事も分かりますね。

手っ取り早く借りて利用したい→キャッシング
長期的な利用を考えている→カードローン

という使い分けで利用することをオススメします。

rank

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ